ikeda asako

diary

2011年10月10日(月)

呉昌碩展

[diary]

所用で東京・静岡へ。
真っ先に向ったのは、呉昌碩展が開かれている根岸にある書道博物館。
清時代の最後の文人といわれた呉昌碩の篆書・篆刻がたまらなく好きで、作品集を見ながら臨書や模刻をしているのだけど、やはり実物には言葉を失ってしまう。圧巻です。同時開催の東京国立博物館では呉昌碩の般若心経に出会えた。どんな呼吸の仕方をしたらあのような作品が生み出せるのかな…。兎に角ひとつでも多く古典の臨書しかないと思ったら、早く金沢に帰りたくなった。
麻布十番の「さる山」さんへ。さる山さんとKiKUの竹俣氏が制作したカトラリーを見に行ったのだけど、これがまたすばらしくて。日本人の手、口、料理、器など、日本人の身体と文化にぴったり合ったサイズとデザイン。食事からデザートまでいけそうです。使うことをいちばんに考えた美しいデザイン。
今回は母と二人での行動だったので、ちょっとした小旅行気分。新宿の伊勢丹でわーわー言いながらショッピングしたのが非常に楽しかった。女同士はいいもんです。
次の日は静岡へ。
霞富士でしたが、それもまた美しい。

pagetop

2011年10月3日(月)

六道輪廻

[diary]


                                                    74×250
六道輪廻
  この世に生きるすべてのものは六道【地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道】の六つの
  世界に生まれ変わりを繰り返すという仏教思想。
この世に生きている瞬間にあてはまることかもしれない、というご住職の言葉が印象的でした。
oterartに出品し、廣誓寺の坐禅堂に展示した篆書作品です。大きい作品なので、大きい画像で。
篆書で「廻」は存在しませんが、「回」と同義の字とされています。
集中して制作していた時のピンと張った空気とその時の気持ちを思い出して、前に立つと緊張してしまいました。
あらわ。何にも隠せません。
2本の親知らずを抜く決心をしました。痛みに耐えられるか心配です。

pagetop

2008年1月1日(火)

初空

[diary]

あけましておめでとうございます。
元旦の大空は薄墨に藍を少しだけ混ぜたような色。
金沢らしい新年の始まりです。
みなさまに幸多いよい年でありますように。

pagetop