ikeda asako

diary

2012年1月28日(土)

書の会

[diary]

    
 月
金沢の茶屋街・主計町の素敵な町家茶房、『嗜季(しき)』にて、書の会を開催いたしました。
旧正月を迎えるにあたり、心に留めている言葉や文字を自由に書く会をと、女将からお話しをいただいたことがきっかけです。
 
席上揮毫した月は、その晩の月に似ていて嬉しくなったのでした。主観。
 
嗜季のお膳ランチがとっても美味しいです。女将の点てるお抹茶も嬉しいお味です。

pagetop

2012年1月23日(月)

切れ端

[diary]

上等な墨を磨って、上等な紙に気合を入れて書く。
緊張感の走る作業です。
ですが、手応えがあり、どすーんと自分の心を貫く作品て、なんでもない紙に墨汁で書いた草稿段階で生まれることが多い。どうしてそうなるか、自分でもよくわかっているのだけど…
制作部屋には紙を調節する時に出た切れ端がたくさんあるのですが、これがとっても重要で。
先日生まれた好きな作品も、例によって、鉛筆の線が入った紙に墨汁で書いたもの。どんな形であっても、よい作品が生まれると嬉しいものです。
もっとたくさん生み出さきゃならん、ということで、やっぱり臨書なのです。
金文の臨書は一旦休憩。年始から孫過庭『書譜』に集中。

pagetop

2012年1月15日(日)

左義長

[diary]

左義長へ。
毎年、白山比咩神社に行くのだけど、今年は氏神様のところへ。
書初めで書いた「可否」と、去年書いた作品で改めて見て響かなかったものを、一気に炎の中へ。火の番のおじさんが炎の中のそれを棒でツンツンとするもんだから、作品たちはぐんぐんと空に向って上がっていきました。氏神様、おじさん、ありがとうございます!上達上達!
村の神社は心地がよい。
火の番のおじさんは達は世間話をしながら炎を見つめ、社務所の前では炭火で鏡餅とするめいかを焼いて、お神酒とともに来た方に振舞っている。
なんて穏やかな光景なのだろう。
来年もまたここに来よう。
お神酒のお陰で、昼下がりに少々昼寝。

pagetop

2012年1月12日(木)

飛龍乗雲

[diary]

      3cm×3cm
 飛龍乗雲  (ひりゅうじょううん)  『韓非子』
  飛龍雲に乗る。 
  英雄がその才能をふるう時を得るたとえ。
2012年は壬辰。年女です。
時に乗じて龍が如くの勢いを。
  
       
 「器のたのしみ」
 2011年12月12日~2012年4月15日 
 金沢市中村記念美術館
2階では、酒器・食器・菓子器の名品70点を展示。
1階では、若手の作家による小品の作品販売しており、岩崎晴彦さんの陶器に私が吉語を揮毫した「あは作品」も展示販売されておりますので、ぜひご高覧くださいませ。
揮毫した作品で、購入したいと思っているものがあり… 最後まで残っていたら買おうかな。 
お抹茶(菓子付)が200円でいただける、館内の喫茶スペースはお勧めです。
 

pagetop

2012年1月1日(日)

嘉祥

[diary]

   
        7.5cm角の印に刻
 嘉祥  めでたいしるし。
 瓦当風に彫った印です。
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。
除夜の鐘をつきながら、穏やかに新しい年を迎えました。
朝方、氏神様に御参りをし、昼から両親と兄家族で御節をいただき、日本酒を飲みながら昨夜の紅白歌合戦をみました。猪苗代湖ズで今年初泣きです。
年女である今年は、激動の一年になりそうです。
喜びも悲しみも不安も楽しみも、全てさらけ出していきます。

pagetop